株式会社NTTデータ ユニバーシティ

組織コミュニケーションサーベイ OCDSⅡ

OCDSⅡ

OCDSⅡ(Organizational Communication Dynamics Survey Ⅱ)とは、WEBアンケートにより組織内のコミュニケーションの実態を把握し、パフォーマンスに影響する要因を特定するサービスです。



このような課題をお持ちではありませんか?

・社員の離職率が高く、エンゲージメントが低い
・ハイブリッドワークで組織やチームが活性化しない
・若手社員が思うように育たない
・メンタルヘルスの不調や体調不良を訴える社員が増えてきている


OCDSⅡの3つの特徴

サーベイにより見えなくなったコミュニケーションを可視化

組織行動論や社会心理学、情報理論等の研究と、当社のコミュニケーション研修の知見を踏まえたオリジナルの可視化フレームを使用。複雑で見えにくい組織コミュニケーションの状態を18のディメンションから網羅的に把握します。

② データを分析し組織課題の原因をコミュニケーション観点から特定

心理的安全性、情報経路、会話スピード、感情共有、組織構造、テレワーク率など組織コミュニケーションがもつ複数の側面から課題の原因を分析し、改善に最も効果的な要因を明らかにします。部署や階層ごとに分析することで、優先的に対応すべき対象を見極めます。

③ 分析結果に基づく改善施策の提案と実行支援

豊富な研修開発や人財育成コンサルティングの実績と、当社のチーム・リーダーシップ研究の成果を活かし、最適な改善策をご提案します。コミュニケーションの課題に対する継続的な取り組みをサポートし、解決に向けてお手伝いします。


OCDSⅡで何が分かるか

データアナリティクスによりコミュニケーションの実態を可視化し、組織課題の根本原因を解明します。

例えば…
・パフォーマンス向上の鍵となるコミュニケーション方法が分かる
・離職のリスクを高めるコミュニケーションの落とし穴を特定する
・各部署特有のコミュニケーション強化のポイントが浮彫りになる

資料でも詳細をご案内しております


資料ダウンロードはこちら



組織課題の解決をワンストップでご支援します

テレワークに対する満足度が高い一方で、離職率の上昇や育成力低下などの課題が生じ、組織として継続的に成果を出せるのか懸念の声が相次いでいます。これらの課題の一因として、テレワークにより見えなくなったコミュニケーションの問題が挙げられます。
OCDSⅡと調査結果に基づくトレーニング等の対策を組み合わせることで、組織課題の根本的な解決とパフォーマンスの持続的な向上が期待できます。


OCDSⅡ


サービス概要

対象者 対象組織の全社員
最低人数 合計100名~
回答方式 WEB方式
※Questant(株式会社マクロミルが運営するクラウド型アンケート)を使用
回答時間 20~30分
設問数 120問程度(主に選択式)
結果報告 ・一次集計結果 (回答後1週間でWeb上で閲覧、お客様による簡易集計も可能)
・調査報告書(回答後2カ月以内に分析結果および改善点を報告)
外国語対応 なし
価格 130万円~(組織数と人数により変動します)

ご契約からご報告までの流れ

最短1.5ヶ月で現状が見える

OCDSⅡ

テレワークでも高いパフォーマンスを出し続ける組織づくりのために、
まずは組織のコミュニケーションから見直してみませんか。

資料ダウンロードはこちら